女性

治療でニキビを根こそぎ除去|最新のテクノロジーを体感しよう

コラーゲンの補充と生成

目元

コラーゲン不足が原因

肌でのコラーゲン生成量は、年をとるにつれて少なくなっていきますし、それによって肌はたるんでいきます。なぜならコラーゲンは、多く作られるとそれぞれがつながることで、布のような状態になるからです。この状態の肌はピンと張っているのですが、コラーゲンが少なくなると、肌は網のように穴だらけの状態になります。すると、張りを保つことができなくなり、たるんでしまうのです。そのたるみによってシワができるのですが、最も生じやすいのは目の下となっています。目は顔の中でも特に目立つ場所なので、その分目の下のたるみに悩む人は多くいます。しかし目の下のたるみは、美容外科での簡単な治療で改善することが可能です。コラーゲン不足が原因なのですから、コラーゲンを補充したり、生成を促したりすれば、それだけで改善していくのです。

具体的な治療内容

美容外科でのコラーゲンの補充は、注射器を使っておこなわれています。基礎化粧品の使用でも補充が可能ですが、注射器の方が、肌のより深部にコラーゲンを届けることができるのです。注入したコラーゲンは、肌にもともと存在しているコラーゲンとすぐになじみ、これによって目の下のたるみはスピーディに改善されていきます。一方生成の促進には、Qスイッチヤグレーザーやラジオ波が使われています。いずれの場合も、肌の深部で細胞が温められることで活性化し、コラーゲンが多く作られるようになります。コラーゲン注射と異なり、コラーゲンの増え方はゆっくりなのですが、その分効果は長続きしますし、その間に目の下のたるみはどんどん改善されていくのです。